小説『誰が家の花』は「婦人画報」に連載され、
翌昭和34年に発刊されました。
香港から日本に留学した青年と
日本人女性との交流が描かれています。
この作品に対して著者は「どう見ても下手糞な恋愛小説」
(『オトコをやめる話』あとがき)と辛い点数をつけています。


小説集『刺竹』に続いて、小説集「惜別亭」が昭和33年11月に

小説集「惜別亭」には「東洋航路」、「惜別亭」、
「南京裏通り」、「海の口紅」、「傘の中の女」、
「マネキン少女」、「香港に死す」の七作品が収録されました。
 

「東洋航路」は眉目秀麗の日本の美少年に英国人の老船長が恋し、
陶酔の中で死んでいく話です。
 

「惜別亭」は「シンガポールで、死人が出ると、
家が貸しにくくなるので、貧乏人は死にそうになると、
家主から追いたてをくらう。
そういう貧乏人が死ぬための家をつくった人がいて
結構繁盛しているという記事を香港の新聞で読み、
それがヒントになってできあがった小説」
(『邱永漢自選集第3・オトコをやめる話』)です。
 

「南京裏通り」は横浜の中華街でバーを経営している
シンガポール生まれの女が、
戦争中に同棲していた日本兵のあとを追って
北海道の旭川に着き、男の納屋に住みついて、
炭焼きと養豚をやって金を稼ぎ、金を持って男のもとを去り、
南京街の裏通りのバーにつとめているうちに、
バーの経営者から月賦でバーを買いとる話です。
 

「海の口紅」は台湾のはずれにある島に住む少女の身に
起こった悲しい物語です。
 

「傘の中の女」は「広東地方に伝わる民話から
ヒントを得たもので、女の幽霊が破れ傘にのりうつって、
捨てられた男に復讐をしに行く話」(同上)です。
 

「マネキン少女」は日本を訪れた香港の宝石商人に愛される
日本女性の話で、「香港に死す」は香港の青年から誘われて
香港に移り、かの地で謎を秘めて死ぬ日本人女性の話です。
 

ここに収録されている作品も香港、シンガポール、中国大陸、日本と
アジアの各地が舞台になっています。
 



直木賞受賞から
3年くらいの間に書いた作品を集めた
『刺竹』が
昭和33年に発刊されたのですが、

この本に収録されている「毛澤西」、「首」、「長すぎた戦争」、
「風のある日は」、「韓非子学校」の5作品を紹介します。

のちに邱が解説したところによると、
「毛澤西」は「香港の新聞売り子の生活を描いたもので、
香港にいたころ本当に毛澤西を名乗る子どもがいて
警察に捕まるたびに、新聞の社会面を賑わした。
『犬が歩けば尾は西に』みたいな話で中共政府にとっては
面白くないかも知れないが、私にとっては好きな小説の一つ」
(『邱永漢自選集第2巻・香港 刺竹』あとがき)です。
 

「首」は「首を斬られても生きていたという
広東地方の民話を土台にして書いた」(同上)作品です。
 

邱さんが台湾を去ったあとに、
荘介石が共産党に追われて台湾に入り、
台湾防衛のために徴兵制度を布くのですが、
「長すぎた戦争」は「台湾に連れてこられた国民政府の軍隊で、
分隊長が新兵の洗濯をして小遣い稼ぎをする話である。
日本の軍隊生活を体験した人たちが読むと、
腹を抱えて笑いころげるが、
これは本当にあった哀れな話」(同上)です。
 

「風のある日は」は中国人バイアーと
日本人娘の交情を描いた作品です。

「韓非子学校」は徳島県の一高校に起こったことを
素材にした作品です。

邱の初期の小説はきわめて政治色の強いものでしたが
ここに収録された作品は香港、台湾、中国大陸、日本と

さまざまな地域で逞しく生きる人達の姿を描いています。 

↑このページのトップヘ