「風俗も習慣も違う台湾の名望家に嫁入りした華子は、
台湾の服を着、台湾語を覚え、
姑の纏足の足を洗う手伝いまでやり、
大家族の中にとけ込んで台湾人になったが、
日本人の嫁をもらうことを心よく思わなかった姑が
息子に妾を持つことをすすめたので、我慢ならなくなって、
とうとう離婚を決心した。
 

しかし、舅は離婚に反対し、
孫の光雄を学習院に入学させる口実で
東京に別居することをすすめた。
東京に移住した華子はどうしても離婚したいと決心し、
東大に穂積教授を訪問して事情を打ち明けた。

穂積博士は、『たいへんなことになった。
台湾の籍に無理矢理言えることは、
台湾総督の力でできたかもしれないが、
元へ戻すことは帝国議会の承認を得なければならない。
あなたは台湾で分戸して独立の籍を持つより他ないでしょう』
と言った。

かくして台湾籍の日本人女性李華子が誕生した。

意気消沈している娘を見て
母親のアキが気晴らしの旅に出かけることをすすめた。

東京駅で汽車に乗り込んだ華子は
同じ一等車に乗り込んだ菊池寛と知り合いになり、
とうとうこの有名な小説家の恋人になった。

菊池寛の恋人になった李華子は
東京で台湾料理店味仙居のママをしていたが、
満鉄が国の世論を喚起するために菊池らを招待したので、
菊池に連れられて大連(現旅大市)、
満州(現中国東北部)の旅行に出かけた。

大連で彼女は土肥原賢二、板垣征四郎らと知り合いになり、
やがて土肥原に乞われて奉天に移り、
そこで馬占山に同情し、叛旗をひるがえして
北満からシベリアに逃げる馬将軍を
黒竜江のほとりまで送っていく。
 

奉天へ戻った彼女は、小白龍という馬賊の大将と
知り合いになり、満州国の治安がかたまるにつれて、
関東軍が馬賊を邪魔者扱いしはじめたので
6万5千人の馬賊の華北大移動の世話をして、
北京へ移動した。

そこで同じく関東軍から邪魔者扱いされはじめた
満鉄の十河信二に頼まれて、
大連から翼東の無防備地帯への密輸船を
往復させて一財産築いた」

(「私のマドンナ」、『食べて儲けて考えて』に収録) 



本書は昭和52年から昭和54年まで「日経流通新聞」に
2年4ヶ月かけて小説「女の国籍」の連載し、
昭和54年5月に出版された長編小説です。

この長編小説について、
『食べて儲けて考えて』という随筆集に
「私のマドンナ」と題して収録された文章があります。
この長編小説の骨子を伝える最も適切な文章です。
3回にわたって引用します。
 

「大正8年、田健次郎(元参議院議員田英夫さんの祖父)が
文官としてはじめて台湾総督になった時、
内台融和の一番手っ取り早い手段として、
内地人と本島人の結婚をおしすすめることを真剣に考えた。

その手始めとして、挨拶に見えた茶商の李天来に
長男の嫁を世話してあげようと言った。
当時の植民地の総督は天皇みたいなものだから、
李は無下に断ることができず、
既に同棲している女のある長男を離婚させた。
 

一方、田は利権を求めて台北へやってきた
貧乏子爵北大路康隆に娘があったら、
台湾の財閥の御曹司に輿入れする世話をしてやろうか、
ともちかけた。

貧乏子爵はこの結婚が新しい金蔓になることを期待して、
大いに心が動いたが、たかが植民地の青年に嫁をやるのに、
本妻の子供ではもったいないと思った。
そこで芸者に生ませた華子という娘を自分の籍に入れて、
嫁がせることにした。
 

結婚式は帝国ホテルの孔雀の間で行われ、
台湾を離れられない田総督の代りに、
日銀総裁井上準之助が仲人をつとめ、
内台に関係のある名士が一同に勢ぞろいした。

その席上で、新進の東大助教授穂積重遠が
『この新郎新婦は今日から夫婦になるが、
正式の夫婦になるが、法律上は夫婦ではない。
なぜならば内地の戸籍法と台湾の戸口法をつなぐ規定がなく、
一方から他方へ籍を移すことができないから』と演説し、
法律上の欠陥を一日も早く修正するように要望した。
 

17歳の花嫁華子は、台湾中の新聞に祝福されて
台北の李家に迎えられたが、結婚届を出す段になって
戸籍係から前例がないと言って断られた。
当時、総務長官をやっていた下村海南が総督の内命を受けて、
強引に台湾籍に入れた。総督は議会の承認を得ないでも、
当時の台湾で法律に代わる命令を下すことができたからである」
(「私のマドンナ」『食べて儲けて考えて』に収録)



昭和51年から52年かけアチコチに書いた作品を集め
53年8月に
プレジデント社発行されたのが本書です。


収録された作品は
「不況下での企業家的発想」
(「新しい事業は時代の断層から生まれる」
「プレジデント」昭和52年9月号)
「デノミに至る道」(「円高後遺症への処方箋」
「プレジデント」昭和52年12月号)
「猛烈インフレ時代の貯蓄法」(積水ハウス月間PR雑誌
「こんにちはセキスイハウスです」に連載)
「外食産業で成功するコツ」
(『月間食堂』・「巻頭言」昭和51年1月~12月)
「時代とともに変わる金銭感覚」
(「ハウマッチ」。「プレジデント」誌 昭和51年1月~12月)
の5つです。
 

著者はこれらの作品のなかで、
その頃起こっていた大きな変化を指摘しながら、
それに適応していくための処方箋を書いています。

「高度成長は日本人を世界の金持ちにし、
新しい産業界のチャンピオンを数々、誕生させました。
ところが、一転して低成長のかげりが出てくると、
時代に適応する能力を欠いた個人や集団が
再び転落のきざしを見せています。
政府の無策が続くと、(もっとも、いつの時代でも
政府の救済の手に期待する方が間違っていますが)
円高現象が極端なところまで突っ走って、
日本の国のかなりの企業が立ち行かなくなってしまします。(略)

こうした重大な変革期は、
生き残れるかどうかの瀬戸際でありますから
『たいへんだ』という声のほうが『これこそチャンスだ』
という声より大きいのが当然であります。
 

しかし、敗戦のときもそうであったように、
また高度成長にさしかかったときがそうであるように、
変革期は常に既成秩序の破壊されるときですから、
新しい企業を起こそうとする人にとっても、
また新しく財を成そうと考える人にとっても、
常にチャンスなのであります。

高度成長期のチャンスが
世界相手の付加価値創造の中にあったとすれば、
これからのチャンスは主として、
企業の多国籍化、国際間の較差の中にあるといって
よいと思います。(略)

私は不況の長期化に皆が慣れてくるに従って、
日本人の『金離れ』現象が次第に目立ってくるようになり、
金の桎梏から逃れたシンプルライフを選ぶ人が増えてくるのではと見ています。

この本の中に書かれていることは、
こうした私の生活思想観うぃ反映していますが、 

内容はきわめて具体的なものです。

商売がえをもくろんでいる人、新しく財産をつくりたい人、
海外に夢を求めてとび出したがっている人にいくらかでも
役に立つのではないでしょうか。
なぜならば、私の乗っている船の船長室で、
私が現に使っている海図を開いて見せているような
ものだからです」(『変化こそチャンス』まえがき)

↑このページのトップヘ