『竜福物語』(のち『華僑』に改題)を書いたあと、
香港で引き続いて小説を書き出す。
そのひとつが『敗戦妻』である。

『敗戦妻』は、終戦後の台湾で、
一夜のサービスを提供することで
生計を立てるほかなくなった日本人女性と
彼女の家を訪ねた台湾人男性との人間交流を描く短編小説である。

この作品は昭和31年に発行されることになった『密入国者の手記』と
昭和47年に徳間書店から発行された邱永漢自選集Ⅰ
『密入国者の手記・濁水渓』に収録されている。
 

また『客死』という小説も書いた。
台湾が日本統治下にあった時から日本の統治に抵抗した
台湾の元老に、林献堂という人がいた。

『客死』はこの林氏をモデルとし、
林氏が国民政府の政治に怒りを覚え、
東京に移住したまま帰らなかった模様を伝える作品である。

この小説には、林氏に擬した老人「謝万伝」が登場します。
また「蔡志民」という人物も登場します。

「蔡志民」は、邱に台湾の銀行に勤めていた時、
台湾独立の密使役を頼んだ荘要伝氏がモデルである。
 

荘要伝氏は邱と共に香港に逃避行し、
香港で邱と同じところに居候した。
その後、香港にいてもやることはないといいい
日本に密航し、日本で原因がわらないままに死んでしまう。

この荘要伝さんに擬した「蔡志民」の死体を前に、
老人「謝万伝」が語る。

「蔡君、今度生まれてくるなら、決して植民地に生まれてくるな。
 どんな貧乏で小っぽけな国であってもいいから、
 自分たちの政府をもった国に生まれてくることだ。
 そうすれば君は政治のことなど心配しないでもいい。
 政治家にまかせておいて、放蕩三昧でもして暮らしてくれ。
 そういう姿の君が見たい」と。

この作品も先ほどの2冊の本に収録されているが、
『邱永漢短編小説傑作選・見えない国境線』
(平成6年)にも収録されている。