「濁水渓」に続い書いたのが「検察官」ある。
この作品は、処女作品「密入国者の手記」を書く機会を与えた
王育徳氏の実兄である王育霖氏をモデルにした小説である。
 

戦後、「国民政府」が台湾に派遣してきた役人たちの統治が
あまりにひどく、1947年(昭和22年)2月に2・28事件と呼ばれる
全島的な大暴動が起きた。

この事件で台湾の人たちは無差別の機銃を浴び、
1万人からの人たちが殺された。

日本が台湾を統治していた 50年の間に、

東大を卒業した台湾人が約百人ほどいたが、
この事件で三人が殺された。

この三人うちの一人が王育霖氏である。

王育霖氏は、新竹地方法院の検察官をやっていたが、
新竹市長がアメリカの援助物資である粉ミルクを横流している
証拠をつかんで検挙したところ、逆に法院の上司に解雇されてしまった。
やむをえず台北に出て建国中学の教師をやっていたところ、
事件が起こると、新竹から糾察隊が押しかけてき、そのまま連行され、
行方不明になり、不帰の人になってしまった。
小説「検察官」はこの事件をとりあげたものである。

邱はこの「検察官」が昭和30年上半期の
直木賞候補作になるのではないかと期待したが、
候補作の中に入ることはできなかった。