舞台はシンガポール。
主人公は汕頭出身の女性で38歳の阿桂(アクイ)。
18歳の時に
シンガポールに来てから、女中奉公などして、
小金を貯めている。

その阿桂に潮州出身で32歳の男性、阿劉(アラウ)が
資本がかからないで、儲けになる商売」を持ちかける。

貧乏人が死が近づいたときに駆け込める家、
つまり「死人の家」のである。

阿桂(アクイ)はその話に乗り出資し、「惜別亭」を設立し、
阿劉(アラウ)経営に当たる。

惜別亭」は貧乏人のニーズにマッチし、繁盛し、
阿桂(アクイ)と阿劉(アラウ)は結婚する。

惜別亭」の商売は、軌道に乗るのだが、
この商売を考え出した阿劉(アラウ)は独立し、
惜別亭」よりグレードの落ちる「風粛亭」を設立。
また、別に女を作り、子供ももうけ、
阿桂と阿劉は離婚する

「風粛亭」は貧乏人に受け入れら繁盛するが
ある日、「風粛亭」からの申し出で、惜別亭」の傘下に入る。

それから、年月が経ち、子供に背負われた瀕死の病人が
「惜別亭」に運ばれる。
その老人こそ、誰あろう、老いたる
阿劉である。

この短編小説の誕生にあたり、著者は次のように述べている。
「シンガポールで、死人が出ると、

家が貸しにくくなるので、貧乏人は死にそうになると、
家主から追いたてをくらう。
そういう貧乏人が死ぬための家をつくった人がいて
結構繁盛しているという記事を香港の新聞で読み、
それがヒントになってできた小説である
(『邱永漢自選集第3・オトコをやめる話』)。

『惜別亭』は、1958年(昭和33年)11月5日に文芸評論新社から刊行され、

のち、邱永漢自選集『オトコをやめる話』(徳間書店刊)、
邱永漢短編小説集『見えない国境線』(1994年)(新潮社刊)
ベストシリーズ42『惜別亭』(1996年)(実業之日本社)、
にも掲載されている。