「続けて『経済一等国日本』100枚を書いた。
これは『プレジデント』に『驚くべき日本を解明する』
と題して載せてもらった。

この本の執筆に関していえば、
日本経済が直面している実際問題から入ったのだが、
問題を考えているうちに、これから21世紀になるまで
20年間に日本はどういう経過を辿るだろうか
ということに思いを馳せた。

すると過去をふりかえらざるをえなくなり、
日本が敗戦直後に『戦争放棄』を宣言し、
『非武装』を選択したことがどういう意味をもっているかを
改めて考えさせられることになった。

私は戦争のない社会も、自衛力のない国家も
非現実的なものと考えているが、
日本はそういう批判に目もくれず、
経済戦争で中央突破をやるような『桶狭間的』作戦を展開し、
遂に『軍事力を背景としない一等国』という過去の常識では
考えられない新しい国家像をつくりあげることに成功した。
 

これはひょっとしたら、21世紀の国家像のモデルケースになる
性質のものかも知れないのである。
この意味で、日本がアメリカの強い要請によるとはいえ、
防衛に力を入れ、はじめは一桁台の軍事費増のつもりが、
だんだんエスカレートして再び19世紀的な軍事力を背景とした
一等国へ逆戻りするのは明らかに誤った選択だった
と考えざるを得なくなった。

他の国に攻め込むのはますます金のかかることになりつつあり、
反対に、守るのにますます金のかからなくなった時代が
すぐにそこまで来ているのである。

そういう時代に、日本人のやるべきことは
防衛費を増やすことでなくて、
経済戦争でトップの座を守ることであろう。
以上のようなわけで、私としては久しぶりに、
ハウツー物でないやや硬派の書物ができあがった。」

(『香港の挑戦』まえがき)